コンセプト

「カケラ」というと、「茶碗のかけら」「ひとかけら」など、
負を連想させる場面が多いと思います。

弊社で扱うテント・シート生地も、裁断の工程で、
どうしてもハギレの部分、いわゆる「カケラ」が出てきます。

しかし、そんな「カケラ」にも、さまざな素材・色があり、
それを集めると、とても魅力があり、新しいかたちを模索し始めました。

最近聞かれる、「アップサイクル(Upcycling)」という言葉。
「廃棄するものや使わなくなったものを、新しい素材やより良い製品に
つくり換えて価値を高める」という、新たなものづくりの考え方です。
弊社の「カケラ」シリーズは、「アップサイクル」の考え方に通じるものです。

もともと弊社が得意とする、
生地の、多彩な素材・色の品ぞろえ。
工業ミシンでの縫製技術。「高周波ウェルダー」を使った生地の溶着技術。
また、テント・シート生地の「防水」という特徴も生かして、
もっと楽しいものはできないか、と考えました。

従来のトラックの荷台シート、店舗の庇(ひさし)だけではない、
テント・シート製品の、新しいかたちをご覧いただけたらと思います。

世界で1つのものに、愛着を持てる気持ちを大切に。
時代に添ったサービスを、お客様に提供し続けていきます。