カバー類 工場向け 施工事例 日・雨・風よけ 荷捌場テント

製品まわりの雨よけ方法を紹介します(簡易篇)

 

雨の時期に工場内などで活躍する商品の紹介です。

なたね梅雨、秋の長雨、梅雨など、日本年間を通じて雨の多い風土です。
そんな雨から、簡単に商品を守り快適に作業ができるアイテムを紹介します。

まずは、被せるだけの「 パレットカバー 」です。
これだけでもかなり効果があり、屋根の無い場所での使用にはピッタリです。
透明生地で作ることで中が確認できますので、とても便利です。
当社では100種越える生地の中から御希望の生地にて製作可能です。

雨よけシート_パレットカバー

 

 

 

つぎは既設の製品ラックの庇に取り付けられた、厚さ3mm長さ1mの短冊状のビニールです。

通常は出入り口に設置されるこの製品ですが、雨の降り込みを少なくでき、かつ上段の商品も取り出せるように出来るということで採用されました。御参考ください。

雨よけシート_タカシート全景

雨よけシート_タカシート内側

関連記事

最近の記事

  1. 豊田市の保見団地「移動式交民館」への参加しまし…

  2. テント加工に欠かせない、ハトメについて紹介しま…

  3. シート看板で既設物を有効利用!

  4. 保護中: 投稿のテストです